FC2ブログ

言葉





デニムにある加工を施してもらう工場の社長。
ボクが社長の言葉を間違って理解し、その事で社長を怒らしてしまった。
ボクに悪気はなく、言葉を誤って理解した結果なのだ。
ボクにとってはその社長の技術が必要で、どうしても加工してもらいたい。
送ればいいデニムの生地を担いで朝いち工場に持ち込んだ。
謝り、説明し、お願いした。
社長は職人を呼び、直ぐに加工する様指示してくれた。
でき上がるまで、その技術の話を聞いた。
社長の仕事への姿勢の話を聞いた。
今の話、昔の話を聞いた。
加工の最後は社長自ら仕上げてくれた。
思った通りの仕上りであり、安心できる仕上がりでもあった。
ボクは持ち込んだ時にほどいた梱包紙に、でき上がったデニム生地をまた包み担いで工場を出た。
送ればよかったのだろうが、ボクは今日一日このデニムを担ごうと思った。
下町の工場から新宿、青山、そして付属屋さんを何軒かまわった。
途中袋も破けてしまった。満員電車では恐縮した。
言葉は大事だと思った今日一日だった。

言葉。
誤解するのも言葉だけど、
ボクはとっても単純な人間で、
「がんばって」の言葉ひとつでしこたまやる気が出る。
そんな言葉もあんな言葉も大事にしたいと思う。

本日の写真。
一日デニムをさわってインディゴで染まった手。
今日の東京で釘付けになったモップ。
なんだか遠目にインディゴに染まったモップのように見えた。

このデニム。これからエプロンに仕上げる。
スポンサーサイト